【地獄の6年】AGAでハゲていく様子を写真でお見せします【薄毛克服ブログ】進行速度や比較の参考に!

【地獄の6年】AGAでハゲていく様子を写真でお見せします【薄毛克服ブログ】進行速度や比較の参考に!

こんにちは!ナツてす。
この記事では俺のハゲていく様子を写真で比較しながら俺が実際にどのような治療をしてきたのか、本当に生えるのか、ウソ無し忖度無しで薄毛治療の実態をみなさんに共有していきます!

俺という生きた教材であなた自身が今後どのように行動するべきか参考にしてみてください。

まずはハゲとは無縁の25歳頃の写真からスタートします!

2013年25歳5月頃
今後ハゲていくとも知らずに楽しんでいる俺です。昔から毛量が多くセットが大変でした。美容院でも将来ハゲないと思いますよと言われて安心しています。ちなみにこれは黒染めしていて、若白髪はすごいです。
2014年26歳12月頃
この頃も薄毛だと思っていないですが、よく見ると髪質が細くなっている気がします。今だから分かります。もうAGAが迫っています。
2015年27歳7月頃
前回の写真とあまり変化が無いですがこの頃の写真を見ていると確実にAGAが始まっていると確信できます。AGAは少しずつ進行していくので最初は気がつきにくいです。
2016年28歳1月頃
分かりにくいですが生え際の毛量減少で髪の毛が細くなってきているのが分かります。AGA初期は自分自身でも気がつけない場合が多いです。それはゆっくり進行するからです。このときすでに俺は薄毛で悩み始めていました。それは明確に覚えています。
最初の写真と比べると髪の毛の質が変わっているのが良く分かります。
2016年28歳4月頃
前回の写真から3か月後ですが前髪が軽くなってきてます。昔から毛量が多かったので、髪を短くしてもここまでおでこが見えることはなかったのですが。
しだいに悩みも大きくなり、この頃から育毛サロンに通い始めました。
育毛サロンとは?
当時の俺は飲み薬を使った治療に抵抗があったので、頭皮の環境改善や食生活をメインに薄毛対策をしようと思い育毛サロンに相談に行きました。ひとつ前の写真を見てもらえてら分かると思いますが、ガチガチにハゲているわけでもないので、安いプランを申し組むつもりでカウンセリングを予約。
しかしあれよあれよと180万クラスのプランを契約して帰宅することになってしまいます。
薄毛で焦っていたこともあり正確な判断ができなかったのでしょう。ここは反省です。
それでも生えてくれれば問題ない投資だと言い聞かせて週一回のペースで1年間サロンにて施術を受けました。頭皮の血行促進、汚れの除去、特殊な機械でマッサージ。もちろん自宅でもローションやらなんやらで頭皮環境を改善させていきます。
お金も労力もかけて育毛に励みましたが、結果は次の写真でお見せします。
2017年29歳6月頃
育毛サロンに180万以上投資した結果は…効果なし。
まだ薄毛が周りにバレるレベルではないですが、当時は落ち込む日もありました。ここまで紹介した写真を見て全然ハゲてないと思う方もいるかもしれませんが、この自分にしか分からない薄毛。ここに気がつけるかどうかがとても重要です。
誰が見ても完全にハゲの状態から治療するのと、写真の俺くらいの薄毛(自分自身で気がついているレベル)から治療するのとでは期待値が変わってきます。無いものを生やすことは難しいですが、有るものを維持することはハードルが下がります。
俺は治療を始めたのが早いのは良かったのですが、AGA治療より育毛サロンを選んでしまったのが間違いでした。
その間違いに気がついたのが29歳の冬。
そしてAGA治療を決意するのでした。
AGA治療とは?
AGA治療は主に治療薬を服用して薄毛の進行を遅らせる。もしくは生やす治療です。効果は人によるので絶対に生える保証はありませんが、育毛サロンよりAGAクリニックを選ぶのが正解です。
俺は1年間で100万円のコースに申し込みました。これはミノキシジルタブレット(錠剤)フィナステリド(錠剤)栄養サプリ(錠剤)ミノキシジルスプレー(ローション)を自宅で使用しながら定期的にクリニックで頭皮に注射するプランでした。数回注射したところで、注射の発注が遅れているか何とかで俺は注射を途中でやめました。なので錠剤とローションで治療を開始したと思ってください。
・ミノキシジルタブレット(頭皮の血行を促進)錠剤
・フィナステリド(2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHTに転換されるのを抑制する)錠剤
・ミノキシジルスプレー(頭皮に直接塗布し、外側から発毛を促す)ローション
・サプリメント(髪に必要な栄養の補給)錠剤
2019年31歳3月頃
2017年の年末年始(実質2018年)からAGA治療をスタートして約1年と3か月頃の写真です。俺も30歳になりました。
写真を見るとどうでしょうか。客観的に見るとハゲてませんね。
ただ先ほどから言っていますが、自分では気がついているハゲです。AGAは確実に発症しています。ここで油断してしまうと後悔してしまう可能性もあります。ただ、俺の症状としてそこまで深刻な薄毛ではなく、2年目からは錠剤のみの治療に切り替えました。
写真を見るとまだ大丈夫な感じに見えますが夜な夜な涙した記憶があります。
AGAクリニックで薄毛に見えない若者と出逢うことがあるので、同じ境遇の方も多いのではないでしょうか。
丁度この時期に当ブログを作りました。『俺はハゲてしまうのか?』というタイトルの通り、今後ハゲるのかどうかを皆さんに共有していくブログです。ブログ用の写真も増えているのでここから細かく写真をお見せしますね。
2019年31歳4月頃
前回の写真から1か月後です。薄毛は不思議なもので角度によって見え方が変わってきます。この当時の俺は自分から見て右の生え際が薄くなってきているのがショック過ぎて落ちに落ちてます。終わったとも思ってました。
あとで写真がありますが、右の生え際が俺の一番最初にハゲたところで、今でも一番薄くなっているところです。
つむじからハゲる人や、生え際からハゲる人。全体的に薄くなる人など様々な人がいます。意外と見えていないところがハゲてたりするのでAGAが発症しているならよく観察した方がいいですね。
2019年31歳4月頃若ハゲ比較
前回の写真と同じ時期ですが、この写真は前髪のバランスに注目してみてください。均等にカットしてもらっているのですが、右の生え際が短くなってます。AGAは髪の毛がしっかりと育つ前に抜けて、前回より弱い髪の毛が生えて、抜けて生えての繰り返しで短い髪の毛の割合が増えてきます。生え際はその影響が顕著に出てしまうためAGAが発症しているとM字に近い髪型になってしまうんです。
この写真の俺は右の生え際だけ早く抜けてしまっているので長く伸びてくれません。だからバランスが悪くなってしまっています。
全体的な毛量はまだ維持できていますが、このように生え際やつむじはどんどん薄くなります。髪型のバランスが悪くなればAGAを疑った方がいいですね。
2019年31歳5月頃
ここまでずっと生え際をお見せしていましたが、この時期くらいからつむじが気になり始めました。
前から気になっていたのはいたのですが、つむじは自分では見えないので無理やり撮影して確認するしかありません。光の加減で見え方が全然違うので薄毛の判断が難しいです。
この写真はまだ大丈夫そうですが、これでも悩みが尽きなかったのを覚えています。
2019年31歳10月頃
黒染めを止めて白髪が目立つようになってきましたが、それより確実にAGAが進行しています。
生え際の短くぽつぽつと飛び出た髪の毛。これがAGAの影響でヘアサイクルが早まった髪の毛だと思われます。
治療薬の効果で生えることは無いにしろ進行は遅くできている印象です。
2019年31歳12月頃
生え際のアップです。白髪で分かりにくいですが少しずつ進行していますね。AGA治療薬を飲んでいるからこの程度の進行で済んでいるのか。実はAGA治療薬を飲まなくてもこのくらいの進行速度なのか。ここの判断がとても難しいです。というか判断できません。今だから言えることは、AGA治療薬を飲んでいるからこの程度の進行速度で済んでいると断言現できます。
2021年の2月でAGA治療薬を止めるのでそこからの薄毛進行速度は倍速になります。あとでお見せしましょう。
2019年31歳12月頃この時期から治療薬をフィナステリドからデュタステリドに変更しました。AGAの原因のホルモンをブロックする治療薬なのですが、単純にパワーが強い方に変更してと思ってください。俺が通院していたAGAクリニックでは最初からデュタステリドは処方してくれないみたいで、ある程度慣れた人に提案してくれるそうです。
治療薬はミノキシジルタブレットとサプリメントがありますが、最安でAGA治療をしたい人はこのフィナステリド(デュタステリド)だけでも効果は期待できるそうです。値段も7000円前後なので1ヵ月の出費としては許容範囲かなと思います。
治療に悩んでいるのであればフィナステリドから始めるのもおススメです。
※個人輸入など安く手に入れる方法はありますが、リスクを避けるためAGAクリニックで処方してもらいましょう!血液検査もしてもらえるので安心です。
2020年32歳2月頃
治療薬をフィナステリドからデュタステリドに変更して3か月くらいですが、変化は見られませんね。見方によっては増えているようにも見えなくもないですが。
個人的な話ですがここら辺の時期に結婚しました。ハゲ散らかす前に何とか結婚できて良かったです。
2020年32歳6月頃
前回の写真から4カ月。少し悪化してますか?そんな気がします。それでもまだ『あの人ハゲてない?』と言われるレベルには到達していないので治療薬は偉大です。
またまた個人的な話ですが子供ができました。
AGA治療薬と妊娠AGA治療薬を服用すると子供ができないと言われたりすることがあるそうですが、医学的には大丈夫だと説明を受けました。今の世の中、不妊で悩んでいる夫婦が多いので直接的な原因は分からないにしろ、AGA治療薬との因果関係も捨てきれないのでしょう。
もしそう言った不安があるのであれば、AGAクリニックでしっかりと相談して納得できる選択をしてくださいね。俺は医者じゃないのでこれに関しては何も言えません。一つ注意するなら、AGA治療薬は奥さんの近くとか子供の近くでは出さない方がいいいです。間違えて服用すると大変ですからね。気をつけてください。
2021年33歳3月頃
2021年2月でAGA治療を終了させました。
理由は結婚して子供が生まれ、髪の毛より子供を優先したいと思ったからです。それと治療薬の効果がどれほど効いているのか分からなかったのも理由になります。進行を遅らせている実感はあるのですが、治療薬が無くても変わらないのでは?という疑問もあったので、結婚と子供をきっかけにやめる決断をしました。止めたときの状態が写真の通りです。短めにしているので分かりにくいですが生え際は着実に薄くなってきています。
さて、ここから治療薬の効果が得られないのでどの程度進行するのか、皆さんに情報を共有していきますね。
2021年33歳8月頃
AGA治療薬を止めて半年後。AGAがすごく進行してしまいました。
こんな急にハゲますか?というレベルです。周りの目も髪の毛に向くことが多くなってきてます。



ここまでの内容を2021年33歳10月頃に一気に書いています。ここから先の内容はリアルタイムな情報を随時更新して行きますね。このまま俺はハゲ散らかしてしまうのか?
怖い怖い…
2021年33歳10月頃生え際 薄毛 悪化
生え際がヤバいことになってきている2021年の初冬。AGA薄毛治療薬を止めて急激に薄毛が進行してしまいましたが、少し薄毛進行速度が緩やかになった気がしてます。





Advertisement